眉毛が濃くなるお手入れ方法と、育毛剤の選び方

HOME » 眉毛育毛剤の選び方 » 眉毛育毛剤ランキング

眉毛育毛剤ランキング

眉毛の育毛剤ってどんなものなんだろう?愛用者の方から効果あり、と評判が高い眉毛用育毛剤を試してみたいと思い、口コミで人気の5アイテムをピックアップしてみました。

どれもこれも良さそうに感じましたので、それぞれあの商品は何にこだわっているのだろう?特長は何だろう?と思いながら、成分使いやすさなど自分が使う時に重視する条件を基準に一覧にしてみました。

順位 商品名 有効成分 特徴
価格
1位 眉毛専用の育毛剤薬用maU育毛エッセンス
薬用maU
育毛エッセンス
ヒノキチオール、ニンジンエキス、ジオウエキス、ヒアルロン酸Na-2
スティックタイプ(液状)。植物エキス主体で、無香料、無着色、無鉱物油。血流と新陳代謝を促進して、毛母細胞を活性化させます。抜け毛を予防し、発毛を促進。
【評価】
3990円
2位 フィジオ Dr
フィジオ Dr
グリチルリチン酸ジカリウム、センブリ抽出液 スポイトタイプ(ローション)。専用スティック60本付。毛のダメージによる傷みの軽減、脱毛予防、薄毛改善効果があります。
【評価】
4400円
3位 ブロウセラム
ブロウセラム
パントテン酸誘導体、感光素 ジェルタイプ。専用ブラシ有。オイルフリーなので化粧前にも利用できます。ツヤのある自然なラインのまゆ毛を保つ効果があります。
【評価】
1890円
4位 ノヴェルモイ薬用・育毛ミニエッセンス
ノヴェルモイ
薬用・育毛
ミニエッセンス
グリチルリチン酸2K、ビタミンB6、ニンジンエキス 液状タイプ。適量を指で塗ります。育毛剤とは別に美容液も販売しており、併用を推奨しています。毛母細胞の働きを高め、発毛育毛を促進。
【評価】
2625円
5位 ミクロゲン・パスタ
ミクロゲン・パスタ
2種のテストステロン(男性ホルモン) クリームタイプ。指で塗る第一類医薬品。髪以外の体毛用の育毛剤。まつ毛、目のふちなど粘膜に近い部分には塗布しないよう注意書きがされています。
【評価】
741円

眉毛の育毛剤1位には薬用maU育毛エッセンス

検討した結果、選んだのは植物エキス主体の製品、薬用maU(マユ)育毛エッセンス。効果が期待できるのはもちろん重要なのですが、目の近くにつけるものなのでやはり安心できる成分のものが良いですよね。そして使い勝手の良さ。それらの点でこの製品がベストだと判断しました。

植物由来の育毛成分が◎

眉毛育毛に最適な薬用maU育毛エッセンス薬用maU育毛エッセンスの有効成分に含まれるヒノキチオールは、育毛剤によく使われている成分です。ヒノキから抽出した自然の成分で殺菌、抗炎症、細胞活性の効果があります。

その他ニンジンエキス、ジオウエキスなどの成分は、血流、新陳代謝を促進してまゆ毛の毛母細胞を活性化させるもの。毛母細胞が活性化することで抜け毛を防ぎ、発毛を促進します。

植物エキスが主体ということで肌に優しい印象がありますよね。しかも、無香料、無着色、無鉱物油ですから更なる安心感がありました。

また、「眉毛専用」、「薬用」と明記されているのもポイントが高かったです。

使いやすいスティックタイプの育毛剤です

今回どの製品が良いかを比較する中で、「自分のこだわり」と向き合いました。私は眉を描くとき、ものすごく集中力を高めているんですよね。

昔、化粧品会社の方にメイクをして頂いた時に「眉毛を書く時は、一本一本の毛を書くように丁寧にしないと美しく書けません」と言われた事を思い出しながら、育毛剤もやはり丁寧に塗るべきだと思いました。

そこで、筆状で一本一本の毛根に届くように塗れる、スティックタイプのこの製品を選んだのです。

「育毛」ですから、塗って1日ですぐに効果が出るものではありません。育てなければいけないのですから、長く付き合える製品を選びたいものです。

この薬用maU育毛エッセンスだったら安全性、使いやすさの点から継続して使えると思いました。

 
生える!眉毛育毛剤ガイド