眉毛が濃くなるお手入れ方法と、育毛剤の選び方

HOME » 眉毛雑学コーナー » アートメイクの注意点

アートメイクの注意点

 アートメイクの人気が高まったのは、朝の短い時間のアイブローメイクが負担になっている人がも多い事の表れですよね。顔の印象を決めるアイブローは手を抜くわけにはいかないので、集中力が必要です。老若男女の間では静かなブームが起こりました。

眉毛のアートメイクとは?

アートメークの利点は、毎日のメイク時間が短縮できる、メイクを落としたときのギャップをなくせる、すっぴんでもキレイでいられる、と言ったところでしょうか。

皮膚下部分へ染色するアートメイクは、自然な仕上がりで数年経つと消えてしまう手軽さなのでプチ整形よりもさらに気軽なような気もします。アイブロウ以外にもアイライン、リップラインなどに対応しています。

染色方法が皮膚下部というところから、刺青に非常に似ておりますが、アートメイクは、皮膚から0.01mm~0.03mm下の部分に染色を施すので、痛みも少なく、施術時間も短いため幅広い年代に支持されてきました。

新しいメイク方法は、ファッションリーダー的存在の人から発信される場合が多かったり、若い年代からブームを起こすのがスタンダードと思われがちでしたが、予想以上に薄眉に悩みを持つ年代の40代以降にも広がったようです。

アートメイクをする前に

最近では、目元メイクに力を入れている人が70%以上に及んでいると言われています。アートメイクは手軽で優れているといっても、不衛生な場所での施術により感染症を引き起こした例が後をたちません。

染料にはアレルギー反応は起こらないと言われていましたが、体質によりアレルギー反応が見られるケースもないとはいえないのです。

肌の乾燥や腫れ・ひび割れ等のアレルギー反応や肉芽種ばかりでなく、ケロイド状態になるケースもありました。アートメイクをする場合は、このような全ての事をふまえておかなければなりません。

 
生える!眉毛育毛剤ガイド